Home
    • 健康保険の各種手続き
    • 扶養家族に関する手続き
    • 保険証に関する手続き
    • 病気やケガをしたとき
    • 健康づくりのための事業
    • 特定健診
    • 家族健診(レディース健診)
    • 人間ドックの補助
    • 乳がん・子宮がん検診の補助
    • インフルエンザ予防接種の補助
    • Pep Up 健康チャレンジ
  • 健保加入者専用ページ
  • 健康支援トピックス
  • 業務担当者の方へ
  • 健康保険用語集
  • 被扶養者認定申請時の主な必要書類(目安)
  • 被扶養者確認チェック
  • 働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」
  • 健診データしっとくナビ
  • PepUp
  • ルネサンス
  • かんじゃさんの薬箱

健保からのお知らせ

2022/06/10

接骨院・整骨院にかかるにあたり 知っておいていただきたいこと

全ての柔道整復(柔整)施術が保険適用となるわけではありません。

法律のしくみは、接骨院などで施術を受けたら当然のように療養費が支給されるというルールには
なっていません。接骨院にかかるには一定の条件があります。

 

下の関連リンク先をご覧いただき、正しく理解し適正な利用をお願いいたします。

 

柔道整復師にかかるときのポイント

 ① 痛みや負傷原因を正確に伝える

   負傷原因を伝えて、健康保険の対象に該当するか確認しましょう。

   対象でない時は全額自己負担となります。

   ※交通事故など(第三者行為)のけがの時は、すみやかに健康保険組合へ連絡が必要です。

 

 ② 「療養費支給申請書」は確認してから署名

   受療者(患者)が柔道整復師に請求を委任するための書類です。
   白紙の書類にサイン(署名)するのは、 間違いや不適切な請求につながる可能性があります。
   内容を確認して署名してください。

 

 ③ 必ず領収書や明細書を受け取り、自己負担額の確認をしましょう

   後日、健康保険組合から届く医療費通知と照合し、間違いがないか確認してください。
   領収書は無料で発行することが義務付けられています。

 

 ④ 長期になる場合は医師の診察を受けてください

   施術が長期(3 か月以上)にわたる場合は、内科的な原因も考えられます。

   病院・診療所等で医師の診察をうけましょう。

関連リンク