Home
    • 健康保険の各種手続き
    • 扶養家族に関する手続き
    • 保険証に関する手続き
    • 病気やケガをしたとき
    • 健康づくりのための事業
    • 特定健診
    • 家族健診(レディース健診)
    • 人間ドックの補助
    • 乳がん・子宮がん検診の補助
    • インフルエンザ予防接種の補助
    • 健康づくりキャンペーン
  • 健保加入者専用ページ
  • 健康支援トピックス
  • 業務担当者の方へ
  • 健康保険用語集
  • 被扶養者認定申請時の主な必要書類(目安)
  • 被扶養者確認チェック
  • 心と体の悩みを解消!健康・こころのオンライン
  • 笑顔オンライン
  • 働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」
  • 健診データしっとくナビ
  • えらべる倶楽部
  • ルネサンス
  • かんじゃさんの薬箱

健保からのお知らせ

2013/08/27

もっと上手に使おう!ジェネリック薬

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(新薬)の特許が切れたあと、新薬と同じ成分でつくられる薬で「後発医薬品」とも呼ばれます。薬の効き目は新薬と同じです。
開発費がかかっていない分、価格は一般的に安くなります。

 

1、ジェネリック薬を使うメリットは?

 最近、新聞やテレビなどでジェネリック薬について見たり聞いたりする機会が多くなりました。「ふだん服用している薬より価格が安いらしい」と知って、「ぜひ使ってみたい」という方もいるでしょう。
 新薬には20~25年の特許期間があり、その間は開発メーカーだけが製造販売することができます。しかし、特許期間が過ぎると、ほかのメーカーも同じ成分と効果の薬、つまりジェネリック薬を製造することができるようになります。
 ここ数年は、多くの新薬の特許期間が切れていて、ジェネリック薬がたくさん登場しています。今後も数年は、特許切れラッシュが続きます。
 ジェネリック薬の価格は平均して新薬の半額なので、高血圧や糖尿病などの慢性疾患で薬代の負担にあえいでいた方には朗報です。
 また、国全体でみると、ジェネリック薬への切り替えによる薬剤費の節減効果は大きく、医療の質を保ちながら、医療費全体の抑制につながるというメリットもあります。

 

2、「ジェネリック医薬品お願いカード」を活用しよう

 「ジェネリック薬を使いたいとき、どうしたらいいの?」という質問にお答えしましょう。
 手っ取り早いのは、受診時に医師に「ジェネリック薬を処方してほしい」と申し出ることです。
 でも、「そんなことは言えない」という場合は、受付で診察券と一緒に「ジェネリック医薬品お願いカード」(上参照)を出してください。口に出して言いにくくても、これなら簡単でしょう。

 

3、今、服用されている薬にジェネリック薬があるか も検索できます。

 以下にアクセスしてください。
 http://www.generic.gr.jp/

 

 
ジェネリックお願いカードは、以下からでもダウンロードできます。
http://www.generic.gr.jp/card.html

 

ご希望の方は、健康保険組合まで連絡いただいても結構です。